2018年04月03日  春訪れる戸隠

アップロードファイル 44-1.jpg

今年は、例年にはない雪解けの速さで、高原にも
少し早い春が訪れています。
溢れる日差しの中、一番に花を咲かせた「福寿草」宿の周りの桜も、小さいつぼみをつけ始めました。桜、そして水芭蕉♪これからが、戸隠のお花見シーズンです。

2018年03月06日  少し遅い 戸隠の春

アップロードファイル 43-1.jpg

全国的に桃の節句は、3月3日でございますね。
しかし、雪深い戸隠の春は徐々に春を待ちます。
そのため、昔から当館でも桃の節句は、一か月遅れの、4月になります。
曾祖母の時代から大事にされてきた、大正時代の
お雛様、七段飾りの昭和のお雛様、平成のお雛様と歴史を感じるお雛様をそれぞれ飾らせて頂いております。
今年は、思わず食べてしまいそうな可愛い和菓子のキャンドルと共に♪

2018年03月06日  早春のゆず風呂

アップロードファイル 42-1.jpg

当館のお風呂は、窓越しに四季折々の桃山風庭園を眺めながらお入り頂けますが、冬季は降り積もる雪のため、雪囲いをし外の風景がご覧になれません。そのため、少しでも冬の風情をお楽しみ頂きたく、先日は可愛い実を浮かべた「ゆず風呂」ご用意いたしました。

2018年01月24日  新年のご挨拶

アップロードファイル 41-1.jpg

松のうちも明け、寒風に身もすくむ日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
昨年もご愛顧賜り、誠に有難うございました。
本年も皆様のご健康をお祈りし、ご来館をお待ち申し上げております。

先日の晴れ間に、ふと目をやると、紅葉を終えた木々の枝を包むようにふんわりと優しく、真っ白な雪の花が咲いているようでした。
そして、雲一つない夜空を仰ぎ見ると、キラキラと輝く大パノラマ!
それらの光景に、寒さの中にふと垣間見る幸せな瞬間、心躍るひと時でございました。

当館では、新年の神事が続いておりました。
大晦日から三箇日にかけて、大神様に炊き立てのご飯とお神酒を毎日新しくお供えし、
11日には鏡開きを、
7日には皆様もご用意される七草粥を御餅と共に
お供えし、15日には小豆粥を御餅と共にお供えし、一年の無病息災を御祈願致します。
また、月毎に神事がございますが、戸隠山の
宿坊として、地域の伝統、そして神事を伝承し守っていくこと、そして常に感謝の気持ちを忘れないということを念頭に、本年も精進して参りたいと存じます。
本年も、何卒宜しくお願い申し上げます。

2017年10月12日  秋深まる戸隠

アップロードファイル 40-1.jpg

山々が紅・黄色 色とりどりに染まって参りました。
当館のあちらこちらに佇む紅葉は、秋の深まりを感じさせ、大自然のつくりだす その風景は
一年の中でも、一番 戸隠の風情を感じられる季節ではないでしょうか。
日が暮れるまでは、お風呂からも紅葉した庭園を
眺めながら、ゆったりとした時間をお過ごし下さいませ。

2017年10月04日  秋の味覚をお楽しみ下さい

アップロードファイル 39-1.jpg

今年も、秋に人気の一品「手造りおはぎ」が
ご用意できました。
ご宿泊のお客様には、御到着の際に香ばしい蕎麦茶と一緒にお召し上がり頂いております。
また、そば処でも「秋のそば御膳」として、
大人気のきのこ汁や新蕎麦、何種類かのお料理と
一緒におはぎをお召し上がり頂けます。
秋の散策の後、甘いおはぎで、心もほっこり、
ゆっくりと疲れを癒して下さい。

2017年09月30日  今年の新蕎麦

アップロードファイル 38-1.jpg

今夏は、雨が多くお蕎麦の生育も心配されていましたが、本日、例年より少し早く
「今年の新蕎麦」がご用意できました。
当館では、戸隠山をお守り頂いている戸隠神社様そして、宿坊ですので、ご神殿の神々様に
大自然の、秋の実りに感謝の気持ちで、まず今年一番に打った新蕎麦をお供えしてから、ご提供させて頂いております。
爽やかな秋風が流れ、漆が赤くなり始めた戸隠の秋、どうぞ新蕎麦をご堪能下さいませ。

2017年09月13日  秋の味覚♪

アップロードファイル 37-1.jpg

本日 今年初めてのカラマツ茸が、落ち葉の間から、ちょこんと可愛いカサを並べていました。
色がきれいで、可愛いカラマツ茸を見ると、毎年
わくわく嬉しい気持ちになります。
大根おろしと相性抜群の少し早い秋の味覚をお召し上がり下さい。

2017年06月17日  小鳥の成長を見守る日々

アップロードファイル 36-1.jpg

新緑の木々に囲まれている当館。その片隅に、手造りの巣箱をかけて数年、毎年シジュウカラが
子育てに訪れてくれるようになりました。
ツーピーツーピーと響くその鳴き声に誘われ、じっと観察すること数分、親鳥がせっせと巣箱に
何かを運んでいる様子。どうやら、産まれたての
ヒナたちが可愛く口を開けて親の帰りを待っているようなのです。毎日その囀りに耳をかたむけそっとその光景を見るのが何よりの楽しみであり、大自然あふれる戸隠を身近に感じられる初夏の風物詩。優しく鳴くセミ、静かな風の流れ、沢山の野鳥が飛び交う当館で、心安らぐひと時をお過ごし下さい。

2017年06月13日  戸隠で唯一 つなぎが特別な手打ち蕎麦

アップロードファイル 35-1.jpg

お蕎麦は、通常つなぎに小麦粉を使用して打ちますが、当館のお蕎麦は、 「日本の恵み 米粉」を使用した戸隠で唯一の特製蕎麦です。
お米は、古より神様にお供えする神聖な食物であり、日本人が現代まで主食としてきた大切な大地の恵みです。
米粉は、デリケートな為、職人は水分量に
とても気を配り丁寧に打ち上げます。
そのため、出来上がった蕎麦は、コシが強いが、のどごしがとても良く、女将が長年に渡り丁寧に
手造りしてきた そばつゆととても相性の良い
一品でございます。
戸隠の切れるほど冷たく、美味しいお水で打ち上げる「石臼挽き特製蕎麦」を是非お召し上がり下さい。

 管理者用